SOF
contents>> 更新情報 / 活動実績 / 学習素材・活動案 / 見聞録 / 事業概要
top > 活動実績> 情報発信 > 続・海のトリビア

back

▽活動実績
1)学習活動支援
2)教員研修

3)情報発信(プレスリリース)
2007.3.10 海のインタープリター
  養成講座 報告・討論会

   [詳細報告]
2007.3.10 海のインタープリター
  養成講座 報告・討論会

   [開催速報]
2007.3.10 海のインタープリター
  養成講座 報告・討論会

2006.9.15 続・海のトリビア
2006.4.19 日本船舶海洋工学会
  との意見交換会

2006.3.28 初等教育における
  海洋教育支援の試み

・2005.10.5 海のトリビア記事
   (日本海事新聞)
・2005.7.22 海のトリビア記事
   (日本経済新聞社)
・2005.7.11 海のトリビア記事
   (日本教育新聞社)
・2005.7.5 海のトリビア記事
   (東京新聞)
・2005.6.27 海のトリビア記事
   (日本教育新聞社)
・2005.6.8 海のトリビア記事
   (日本海事新聞)
2005.3.31 海のトリビア
2004.8.3 ワークショップ
  「海に学ぼう」を通して

2004.7.20 第6学年
  総合的な学習「海を探る」

2004.7.20
 実践報告協働のススメ

2004.7.16 シップ・アンド・オーシャン
  財団の取り組み

2004.3.15 研修会報告
  連続ワークショップ「海に学ぼう」

2004.3.15 生物の多様性より
 多様な理想像に期待して

2004.3
  海洋教育拡充に向けた取り組み

・2003.11.15 総合的な学習の
  時間に干潟を学ぶ

2003.8.13
  さまざまな視点から海を学ぼう

2003.3 海に学ぼう
  平成14年度 事業報告書

・2002.3.15 総合的な学習の
  時間における海の利用状況調査

2001.8.20
 海岸での体験学習に向けて
icon 活動実績 〜情報発信〜

続・海のトリビア

著者:海洋政策研究財団、日本海洋学会


媒体:書籍
発行:日本教育新聞社
日付:2006.9.15
価格:933円+消費税
ISBN:4-89055-283-9

「海のトリビア」好評につき、第二段できました!
思わず笑ってしまうオモシロ海トリビア、
思わずうなってしまうナルホド海トリビアなど
海に関するネタが満載です。
単元配列表や、小ネタ使用例など、
先生が授業ですぐに使えるような工夫もされています。

以下よりリーフレットをDLできます。
ご購入・ご活用いただければ幸いです。

  リーフレット .pdf (約284KB)
  リーフレット .jpg (約141KB)
  リーフレット(注文書付) .pdf (約354KB)
  リーフレット(注文書付) .jpg (約149KB)

また、以下の通販サイトでもご購入いただけます。(※リンク先は財団外の別サイトです)

 ・AQUARIUM SHOP TOBA 鳥羽水族館
 ・7&Y セブンアンドワイ
 ・e-hon 全国書店ネットワーク

■コンセプト
前号「海のトリビア」はたいへん好評をいただき、編集委員一同、とても嬉しく思っております。発刊されてから1年が過ぎた今でもお問合せをいただくほどで、これは是非みなさまのご期待に応えたいという思いから、続編を制作することになりました。

本書のコンセプトは、『日頃の授業の中でもさらりと「海」に触れられる、学習の導入のきっかけとなるような本を作ろう』という、前作のコンセプトを踏襲いたしました。

そのコンセプトを表現するために、本書には三つの特徴があります。

一つは、難しい原理や実験の紹介をするのではなく、子どもたちが思わず聞き入ってしまうようなトピックを提示してあることです。一見海とはあまり関係のない教科の授業の中でも、“つかみ”的に海のことを取り上げていただけるのではないかという効果を狙っております。

もう一つは、それらのトピックが教科書の単元とどう準拠しているかの関連を示すことです。学校の先生方にとって「海」の授業を行うのは大変ですが、「海」を授業に登場させる明確な指針があれば、理科や社会に加えて、国語や音楽にでも、海を活用して頂けると考えたのです。

最後にもう一つ。海洋生物や地球物理などの分野だけでなく、歴史や音楽など、人文系のネタもバランスよく盛り込むよう努力いたしました。これにより、より多くの場面での活用が考えられると共に、海と我々の生活の多方面でのつながりを表現できたのではないかと考えております。

日頃の授業の中で子ども達に「海」について少しでも多く触れてもらいたい、と願う我々がすべきことは、「海」についての情報を提供するだけでなく、それらが学校の授業で取り扱われている事柄とどう関係しているのか、そしてまた「海」が学びを広げることにとても役立つ題材である、ということを示すことだと考えます。たとえ海辺に行かなくても、毎日の授業の中で「海」」の学習は十分に可能だということを、本書を通じてお伝えできれば幸いです。そして「海」を通して、より楽しくて深い学びの世界が広がることを願っております。


このホームページは、日本財団の協力を得て制作しました。
Copyright(c) 2004: OCEAN POLICY RESEARCH FOUNDATION. All rights reserved